印刷に使うインクを理解しよう

インクには特性があり向いている用途が違います

インクは値段や構造などで分類されます

顔料・染料それぞれに特性があります

プリンターで使われるインクには顔料・染料タイプがあります。粒子の大きさが異なるので、それぞれに対応するプリンターも構造が違います。顔料は粒子が小さいので用紙の表面に印刷されます。発色が鮮明なので文字をはっきり印刷したい時に向いています。耐水性に優れており、レポートや書類の印刷にぴったりです。一方で繊細な色は出づらいので写真印刷には向いていません。染料インクに比べて値段は高い傾向なります。染料タイプに対応するプリンターで顔料タイプは使用できません。対応していないタイプを使うと故障につながるので注意しましょう。

写真を印刷したいなら染料タイプ

染料タイプは顔料とは対照的に染料がさらさらした液体に溶けきっています。用紙の内部まで浸透しているので鮮明な発色で繊細に表現できます。光沢紙でもきれいに印刷できるので、写真印刷には特にぴったりで価格も安めです。液体に溶けやすい分、水分には弱いです。普通紙ですと乾くのに時間がかかり、光にあたると色あせしやすいです。プリンターを購入する場合は何をプリントするかによってインクを選びましょう。文章がメインなら顔料タイプ、写真がメインなら染料タイプが適しています。

使用する用途でタイプを選びましょう

インクはプリンターメーカーが製造する純正タイプがもっとも一般的です。それぞれの機器に合わせて作られており、万が一の時もメーカー保証が受けられます。 品質や耐久性を一定基準に保つためにしっかりと検証されています。 知名度の高いメーカーのものなら特に安心感があるでしょう。大事な文章や写真を印刷するなら純正がおすすめです。ただし、品質は高い分値段が高めの傾向にあります。普段からよく印刷をする企業にとってはかなりのコストとなるでしょう。コストを削減するなら互換インクがおすすめです。互換タイプはプリンターメーカーと互換性のある他メーカーが独自に製造しています。純正に比べて値段が安くなるのが魅力です。とにかく印刷のコストを下げたい企業にはピッタリでしょう。 独自に検証するので品質はメーカーによってばらつきがあります。純正に近いものもあれば粗悪なものもあるのでインク選びは慎重に行いましょう。互換タイプが原因でトラブルが起きてもメーカー保証が受けられない場合があります。トラブルが発生するリスクを抑えたいなら純正タイプがおすすめです。重要な印刷物や長期保存を考慮する場合も同様です。品質は問わずコストを抑えたいなら互換タイプを選びましょう。

人気記事ランキング